長野県白馬村のスキー場で男性転落死

 

 

スノーボード,持ち物,必需品

 

 

2015年2月20日、長野県白馬村のスキー場でスノーボードをしていた男性がコース外の沢に転落して死亡する事故がありました。

 

この男性は、スキー場が滑走禁止としている場所を滑って沢に転落してしまったようです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

今回のケースは、危険な場所に自ら行ってしまったパターンですが、意図せず転落してしまう場合もあり得ます。

 

スノーボードのコースには、小道のような細いコースも存在し、その脇は崖…なんてこともよくあります。

 

 

そんなコースを、初心者がスピードをつけて入ってしまうとコントロールできずに…なんてこともあり得ます。

 

初心者としては、「基本的には崖側には行かない」、「細い道はゆっくりと進む」ということを徹底してください。

 

 

仲間に置いて行かれたとしても、最終的にはリフト待ちで合流できたりしますし問題ありません。

 

むしろ、あせって大事故にならないように気を配ってくださいね!