男の子のスノボ持ち物チェックリスト

 

 

チェックボックスにチェックを入れて、忘れ物がないように確認しましょう!

 

貴重品類

 ツアーチケット引換券:幹事の方のみ。忘れたらツアー行けません。
 身分証明書:レンタルする際に必要。また、ケガした時にも必要。
 お財布&携帯:これは当たり前ですね。

 

服装

 インナーウェア:発汗性の良いもの。ロンTでもOKです。
 厚手のソックス:薄手だとブーツと擦れて痛くいので避けよう。
 トレーナー:レンタルウェアは防寒機能が心配。
 短パンor長ズボン:ウェアの下に着用。怪我防止のためなるべくジャージ等。
 ニット帽:防寒&けが防止。
 ネックウォーマー:日焼け予防、防寒両面で優れている。フェイスマスクでも◎。
 下着:帰りの着換えに一枚持っていきましょう。

 

補助アイテム

 ヒップパッド:初心者は必ずおしりが痛くなります。
 日焼け止め:天気がよいと、照り返しでかなり焼けます。
 ポケットティッシュ:ゲレンデに一つは持っていきたいアイテム。
 使い捨てマスク:特にバス利用の方は、持っている衛生上安心です。
 酔い止め:バスの場合は長時間。車に弱い方は必須。
 ホッカイロ:特に初日早朝の待ち時間はかなり寒い。

 

持っている人はこちらも!スノボアイテム

 ボード&ビンディング:前日軽くメンテナンスしておくと楽です。
 ブーツ:忘れたら大変。
 スノボウェア:防水スプレーがあるとさらに良い。
 ゴーグル:友達に借りれる人はレンタル代が節約できます。
 グローブ:友達に借りれる人はレンタル代が節約できます。
 リフト券入れ:ゲレンデで300円程で購入可能。

 

宿泊の方はこちらも!

 寝間着:やはり夜は寒くなります。暖かい恰好をしましょう。
 タオル:バスタオルなど、ホテルに用意されているか確認しましょう。
 下着:帰りの分も余分に一枚持っていきましょう。
 携帯充電器:緊急時の連絡などにも、携帯電話は必要です。
 シャンプー類:宿泊先によっては用意されていますが、自分のものが良いでしょう。
 歯磨きセット:旅館によっては用意されていません。
 ドライヤー:旅館によっては用意されていません。
 コンタクト&洗浄液:結構忘れる人多いです。
 メガネ:忘れると夜くつろげませんよ!
 トランプ:…必需品?

 

他にも持ち物が分からない友達がいたら教えてあげてね!